categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category召使いの独り言

犬談義:ドルフィの身体編

trackback0  comment6
実は、ドルフィはまだトライアル中なのです。

そろそろ正式なお返事をしようと思う私、召使いです。

もう手放せるワケないよね!
最初から手放す気はなかったけど、ウチより環境が良く、より可愛がってくれる家庭が手を挙げるかも。。。って考えてた部分もあったんだ。



くまさんにドルフィを見てもらいたかった理由に、ドルフィの血統のことがあります。

もちろん、放浪してたところを保護されたので、血統書はありません。

ドルフィは見ただけでヨーロピアンだということは歴然!
アタシでも分かるくらいですからね。

ただ、くまさんはヨーロピアンのコを見ると、どこの犬舎とか誰の血が入ってるとか、分かるらしい。

ドルフィの元の飼い主を探す為ではなく、性格や傾向、そして犬舎が分かるとなりやすい病気もわかることもあるんだって!

そしてOさんもPDのドーベルマンに精通してるので、とっても詳しいの。

まず、耳ね。

この切り方は、宮城の動物病院の特徴が良く出てるらしい。
(宮城で断耳する病院は1つしかないのよ。)

そして、サビの色。
ドルフィのサビの色は濃く、とても特徴的。

で、マズルの長さ。
長いのよね~。

あと、前足の付き方。

そして、後ろ足の膝(?)のアールの角度。

胴の短さ。

目の形。

ざっとこーゆーことで、いろんな名前が飛び交う。
(くまさん・チャマ兄ちゃん・Oさんの会話に、たまにOさんの奥さんも参加。)
そしていろんな犬舎の名前も飛び交う。

アタシには覚えられません!

ついに、××犬舎からきた○○(有名観光地名)にこのくらいの年齢の女の子がいたなぁ。。。って有力情報が!

ドルフィの特徴が、当てはまるんだって。

でも、その他にも、△△犬舎の特徴にも似てるよね~!とか。
□□さんとこのコと似てる!とか。。。

たぶん、父親系に某チャンピオンの血が入ってるらしく、似てるコの名前がいっぱい出てくるんだ。
PDの血統って結構血が濃いらしい。

ここまで分かったら、もう十分!


そして、痩せっぽちのドルフィの食事管理もアドバイスをいただいた。
ドルフィの写真をあまり載せてないので、気づいてない人も多いかもしれないけど、アバラはもちろん浮いてる。背骨・腰骨も浮いてるくらい痩せっぽちなの。
ただ、今回ヒートが来てるってことは、体力は回復傾向にあるだろうとのこと。
今まで1日2回、600ccのフードを与えてたのですが(コボは500ccを2回)、それでは太れないと言われた。
ここまで痩せてると、1回のフード量を増やしても吸収できず、下痢しておしまい。太るのに1年以上かかるだろうって。
1日に小分けにしてフードを与えるといい!って。

P1070509_convert_20101122225706.jpg  P1070503_convert_20101122224507.jpg

この2枚の写真から見ても分かるように、ドルフィの食に対する意欲は素晴らしいのです。
食べ物に釘付けですから~!

って言うか、身体が欲してるんだって!

食べれる物はなんでも頂戴!
ウチでもキッチンギャングになってるもんね~
火にかけた鍋の中身を食っちまうくらい。(幸い火にかけたばかりだったので、中身は熱くなってなかった。)
ウチのコ達は、食いしん坊ばかりだけど、↑こんなコ初めて!

フード回数を日に4・5回にして4日目ですが、まだ体型に変化はありません。。。
の状態もまずまず。
しかし、ドルフィの機嫌がいいのです♪
ラブ達を襲うことがなくなりました。
犬も空腹だと機嫌が悪くなるんですね!
コボとのプロレス回数も減りました。。。
コボは誘うのですが、ドルフィは無視です。クククッ

最低5キロ、できれば10キロくらい体重を増やしてあげたいな!

経験豊富な方達からアドバイスをいただけるって、サイコー!

なんちゃってドーベルマンのコボでは、なんの経験にもならないのね。。。。

ホント、初めてドーベルマンを飼う気分です。


あとね、みんなに言われたのが、
『ドルフィはまだ心を許してないよ!心を許したときに気をつけなさい!』って。
意味は、ドルフィが心を許したときに分かるでしょう!フフフっ

そして、
『同居犬任せにしちゃダメよ!もっともっと手をかけてあげて!』って。
あー。耳が痛い、痛い!


真剣にドベと向き合ってる方とのレベルの違いをヒシヒシと肌で感じた。
アタシももっとうちのコ達の良い部分を引き出す努力をしないとなぁ。。。



上手く躾ければ、おもしろい犬になるよ!っても言ってもらった。
誰が頑張る?
ドルフィ?
アタシ?

・・・がんばろ。

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
召使いにも、応援のぽちを~!ください。

〔テーマ:わんことの生活ジャンル:ペット

 
今回の内容はとても興味深かったです。
フェリーチェも保護犬でしたが、あまり手はかかりませんでした。
でも、本当に心を開いてくれたのって半年はかかったと思うんですよ。
甘えるポーズはするけど、信頼関係を作るのって時間がかかるなと感じました。
同居犬がいることで助かる部分もあるけど、やっぱりハンドラーの存在は大事なんですね。頑張って下さいね~(*^▽^*) 応援ポチ!

知人が2か月ほど前に、名取の保護団体からワイマ系の大型犬の里親になったんですが…アバラも腰骨も浮きまくりのガリガリ体型なんです。
ドルフィもこういう状態なんだろうな~って切なくなりました。
その子はいま1日4回から5回食べていて、やっと5kg増えたそうです。なかなか太らなくって、吸収されやすい糖質のおかゆやうどんも取り入れて、太らせよう作戦をみんなで練りましたw
美香さん
ドルフィも、甘えたり叱れば反省したような態度を取るんですけど、目がね・・・。
ドルフィの表情、だいぶ優しくなったって言ってもらうことが多いんですけど、笑顔をまだ見たことがないんです。

お友達の里子ちゃん、2ヶ月で5キロも太らせたなんて、頑張りましたね!
ドルフィを見てると、コボがおデブちゃんに見えてくるから不思議ですね!e-283の状態も上々だし、本犬が食べたいって欲求があるのが救いです。
ドルフィも、新米トッピングです。米は太るらしいから!
ドーベルマン談義とても勉強になりました
いつも私のつたない質問に丁寧に答えてくださりありがとうございます。

lapuchさんのドルフィに対する真剣さがひしひしと伝わってきます。

それにしてもドベに精通した人との交流ができる環境があって羨ましいかぎりです。すごく密度の高い会話が交わされたのでしょうね。

ヨーロピアンというとアメリカンに比べて大型で気性が荒いというイメージがあるのですが、実際はどうなのですか?

ヨーロッパの犬がアメリカに渡ると、アメリカ人好みに改良されてしまい、性格が変わってしまうと嘆く声を聞いたことがあります。

これからもドルフィの体と心の成長楽しみに見てます。頑張ってください。
割り込み~
wonwonさんへ。
割り込み書き込みさせてもらいました(らぷちさんに確認済み(笑))ドベの飼い主さんでしょうか?生活お疲れではないですか?
育児ノイローゼならぬ育犬ノイローゼになりました、はまというものです。

私のつたない経験上から(他犬種はわかりません)、アメリカン⇔ヨーロピアン 去勢、避妊あり⇔なし、男の子⇔女の子と、いう型にははめない方がよろしいかとおもうのです。
人間と一緒です。生まれもった性格(系統)もあると思いますが、育つ、育てる環境でどーにでもなりますよ~!

うちは9才の女子と7才の男子がいますが、まぁ~いろいろでございます!これだけ長く生活してるから慣れもありますが。
一生勉強つうことで、日々精進してます(泣)


wonwonさん
精通した人たちの会話は、レベルが高すぎてちんぷんかんぷんでした!
でも、真剣に理想のドーベルマンを目指しブリードしてることは肌で感じられ、『すごいなぁ』って感心するばかりです。

一般にアメリカンのほうが飼いやすいって言われてますね~。
でも、アメリカンでもやはりドーベルマンの中のドーベルマンみたいな性格のコもいますよ!はまさんちのクラリスちゃんみたいにね♪
ウチは2頭ともヨーロピアンですが、コボに関してはドーベルマンの性格ではないです。人間の兄弟と同じで、同じ遺伝子(同胎)でも、生まれ持った性格はそれぞれ違いますから。
ヨーロピアンの荒いと言われる所以は、警戒心が強いところからなのかもしれません。ただその性格は訓練を入れるとおもしろいらしい。。。
はまさん
ドベの里子は、油断できないものがあるよね~!
ラスの場合は特にね!里子に来てから以前の飼い方を知ってしまったら・・・ラスのことを不憫に思うし、でも、はまさんが恐怖を感じるのも分かるし、それでも3日寝食を共にしたら愛情が出るだろうし・・・ホントよく頑張ったと思うよ!









        
 
http://lapuch.blog104.fc2.com/tb.php/757-f43f966f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。